なかま募集

わんむすび では一緒に活動またはサポートして
いただけるなかまを募集中です!

わんむすびでは、各種飼い主支援活動や動物愛護教育などに携わっていただける仲間を募集しています。
主な活動内容は、うさぎの飼い主支援事業であるうさぽーとを通じた、飼い主コミュニティ作り、個別支援活動の広報・運営や、動物愛護・福祉の現場の課題や解決策をテーマとした授業づくりです。
団体名には「飼い主様とペットのご縁を一つ(one)に、最後まで(わ〜ん行)結ぶための活動を目指す」という意味が込められていますので、愛犬家以外の方も様々な場面で関わっていただいています。

実践しながら学べる現場

ボランティアやインターンにはZoomなどビデオ通話やITツールを用いたリモートワークでの関わりも可能です。飼い主様の課題解決、動物愛護に関する教育や啓発、飼い主さん同士の助け合いといった、保護動物が発生する原因を減らすための現場で学びながら、実践的な経験を積みたいという方大歓迎です!

これらの活動の背景には、飼い主さんの中でも、特に共働き世帯や高齢者、患者といったフルタイムでペットのお世話が難しい方々を取り巻く以下の問題があります。

愛犬のお世話が難しい方々の問題

吹き出し
医療
・高齢者にとっての生きがいになる愛犬のお世話が、入院や治療を拒む要因になりうる。
・現状では長期入院後に愛犬が処分された家に戻る可能性あり。
吹き出し
地域
・高齢者の生きがいづくりや見守りに課題を抱えている。
・自宅への閉じこもりなどで地域での人と人とのつながりづくりを進めにくい。
吹き出し
介護・福祉
・現状では被介護者向けデイケアができても、その愛犬の世話は保険適用外。
・外出や規則正しい生活が難しい高齢者が増えれば、要介護リスクが上がる。
吹き出し
飼い主様
・ご自身の健康不安で、愛犬と生活し続けられるか不安を感じている。
・仕事、介護、入院などで愛犬の世話ができなくなった場合に備えたい。
・自分が亡くなった場合に愛犬を託せる仕組みが欲しいが、どうすれば良いかわからない。
吹き出し
飼い主様の
家族・親族
・もし飼い主様(親・親族)が要介護になっても、時間や住環境などの関係で世話しにくくなる可能性あり。
・飼い主様が要介護になった場合、その愛犬とのダブルケアになる。
吹き出し
行政
・人間の医療・福祉で手いっぱいで、動物福祉や飼い主支援に十分に手が回らない。
・飼い主の入院や死亡で動物愛護センターに持ち込まれる動物が後を絶たない。
吹き出し
動物愛護団体
・人とペット両方の高齢化によって、保護動物の十分なケアが難しくなっている。
・現状では高齢飼い主サポートが不十分なことから、高齢者への譲渡制限あり。

上記の問題を解決すべく、わんむすびではペット法律相談を通じた相続や家族信託
などの法務サービスのほか、今後以下の取り組みを予定しております。


わんむすびは、ペットケアの専門家や法律家と連携した「飼い主様のもしもの時」にも確実にペットの将来を守れる体制づくり

飼い主様の怪我や病気などで飼育を続けにくくなった時にも、確実にペットケア費用を遺しつつ法的に有効なペットケアを受けられる環境をつくります。老犬・老猫ホームなどの専門施設や、ペットの終生お預かり施設のご紹介も可能です。


わんむすびの、愛うさぎに対するサービスがスタートしました!

うさぎ飼い主様向け相談機会・コミュニティ「うさぽーと」を開設。個別の飼い主支援である「うさぎ相談室」と、飼い主コミュニティ作りの「京都うさぎ部」に分かれます。詳しくは以下の通りです。

様々なペットの問題を解決できれば・・・

電球
医療
・ペットのお世話・預け先があることで、入院や治療に前向きに取り組んでもらえる。
・ペットと暮らし続けることで、運動や外出の機会、規則正しい生活習慣が保たれる。 →医療費削減に
電球
地域
・愛犬を介した高齢者の生きがいづくりや見守りの機会ができる。
・犬との触れ合いを通じた地域での人と人とのつながりが生まれる。
電球
介護・福祉
・被介護者、愛犬両方のケアが行き届くことで、介護満足度が高まる。
・シニア世代の犬のお世話によって、健康増進や介護予防機会が増える。 →介護費削減に
電球
飼い主様
・無理のない範囲で、仕事、介護、治療とペットライフを両立できている。
・愛犬との生活を生き甲斐に、健康でイキイキした生活を続けられる。
・もしなんらかの事情で飼育が難しくなっても安心して託せる環境がある。
電球
飼い主様の家族・親族
・飼い主様(ご自身の親や親族)が高齢でも愛犬のお世話を任せられる人がいることで、不安を和らげられる。
・飼い主様自身を介護することになった場合の負担を軽減できる。
電球
行政
・住民側の活動で動物福祉をカバーすることで、行政の人や予算の負担を軽減できる。
・保護動物問題の予防に取り組むことで、動物愛護の負担が減る。
電球
動物愛護団体
・人の高齢化によって生じる保護動物を減らせる。
・高齢者への譲渡制限緩和の道筋ができる。

関心をお持ちでしたら、一緒に実践してみませんか?
ペットと生きる未来を創っていきましょう!